本文へスキップ
青山税理士事務所は、税理士等の業務や経済等の情報を通じて、中小企業の皆様のよき相談相手になることを目指しています。。。      

TEL. 089-933-3140

〒790-0038 松山市和泉北4-1-22

税理士・社会保険労務士
青山税理士事務所
  

CO2は植物の食べ物

「地球温暖化」の不都合な真実/マーク・モラノ

 2020.10.27 産経新聞 東京朝刊によると、菅義偉首相は26日の衆参両議院本会議で所信表明演説を行い、「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と宣言した。
 ・・・・・・、---------。

 温室効果ガスの種類
 
人間活動によって増加した主な温室効果ガスには、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロンガスがあります。二酸化炭素は地球温暖化に及ぼす影響がもっとも大きな温室効果ガスです。
 https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/chishiki_ondanka/p04.html

 組織的な温暖化懐疑論・否定論にご用心
 http://ieei.or.jp/2020/03/opinion200310/

 以下、温暖化懐疑論・否定論を紹介するけれど、・・・どうかご用心ください。
 〔1〕参照

 
脅威派は、46億年にのぼる地球史のうち、気温が少し上がった過去150年(小氷期の末から現在まで)だけに目を留め、化石資源の燃焼を止めないかぎり地球は破滅に向かうと脅かす。
 ・・・オバマ政権のEPA(環境保護庁)は愚かにも、私たちが生涯に30トンも吐くCO2を「有害な汚染物質」とみて規制しようとした。
 アイヴァー・ジェーバー(物理学者 1973年ノーベル物理学賞) 


  IPCC
 国連気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change)の略。人為起源による気候変化、影響、適応及び緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的として、1988 年に国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)により設立された組織です。
 https://www.jccca.org/ipcc/about/index.html

 カナダの女性ジャーナリストであるドナ・ラフランボワーズは、IPCC報告書の政策に参加した過激な活動家を特定している。責任執筆者のオーストラリア人オーヴェ・フーフ=グルベリは、世界自然保護基金とグリーンピースでの長い活動歴を持つ筋金入りの活動家だという。
 IPCCが生まれた1988年は、NASAの科学者ジェームズ・ハンセンが、温暖化対策の緊急性を連邦議会で訴えた年でもある。ハンセンは、公聴会で「
温暖化の議論は、温室効果と気温上昇の因果関係が確実といえる段階に達しました」と証言し、「温暖化はもう進行中なのです」と強調した。報じたのはニューヨークタイムズ紙である。
 ハンセンの元上司だった、NASA大気部門のジョン・S・テオン博士はハンセンの証言を聞いて「
唖然とした。困ったものだと思ったよ」と言っている。

 プリンストン大学名誉教授の物理学者ウィルアム・ハパーは、2009年の上院公聴会で証言している。
 
認識している人は少ないようですが、地質史のうち現在は「CO2欠乏」状態なんです。地球史上、CO2濃度が280ppmまで下がった時期はほとんどありません。1000ppm以上が平常。ずっと濃い時代もありました。
 
当時の地球は楽園でした。植物も動物もすくすく育つ。ですから、当時よりだいぶ低いCO2濃度に近づくのが恐ろしいなどというのは、たわけた脅かしだとしか言いようがありません。
 
・・・温室効果の90%以上は、水蒸気と雲の働きです。CO2は端役にすぎない。気温が上昇中に見え、かたやCO2は増えている。すると、CO2の温室効果が温暖化を進めている?
 そうじゃありません。昨今の気温上昇は、小氷期が終わった1800年代中期に始まりました。私たちが大気にまだCO2を出さなかったころです。最後の氷河期が終わった一万年前から現在までに、同程度の気温上昇も、さらに激しい気温上昇も起きています。化石燃料に関係のない時代ですよ。だから近ごろの気温上昇も、大部分が自然変動とみてよろしい。

 ニュージーランド・オークランド大学のジェフリー・ダフィー教授
 
気温を決めるのはおもに水蒸気と雲だから、CO2が二~三倍になろうと状況はほぼ同じ。


 イスラエルの宇宙物理学者ニール・シャビフ
 
太陽をほぼ無視するIPCCの一派は、完璧に間違っている。太陽をきちんと考えれば、人為的温暖化という教義はたちまち崩壊する。

 ロンドン大学名誉教授フィリップ・ストット(生物地理学)
 
気候変動の要因つまり変数は数百もある。政治的に選んだ一個(CO2)に固執する「対策」など、見当違いもはなはだしい。
 気候は、多彩な変数がからみあう非線形カオス系の典型ですよ。むろん、人間活動も気候に少しは効くでしょう。けれど、端役に過ぎないCO2という一個の変数を考えて、まともな結論がでるはずはありません。いわゆる脅威派諸氏には申し訳ないが、絵にかいたようなナンセンス科学だというしかありません。


 ロシア科学アカデミーの研究所で地磁気変動の研究を率いるアナトリー・レビチン
 
人間が使うエネルギーは、気候を変えるエネルギーよりずっと小さいため、気候に影響するはずがない。

 MITのリンゼン教授の2017年の講演から
 
CO2の濃度が倍増しても、地球表面のエネルギー収支は2%しか変わらない。雲の量がほんの少し変わるだけで、同じくらいの影響はある。多彩な要因がからみあう気候システムで、要因のひとつが2%だけ変わったとき、目に見えるほど気温が変わるはずはありません。地球の気候はとにかく複雑なんですよ。

 物理学者ルーボス・モートル
 CO2は「植物の食べ物」だ、ほかの側面はことごとく無視してよい。人間を大切に思う組織なら、大気にCO2を増やす行動を支援しよう。
 ・・・植物を育てるCO2は、めぐりめぐって地球上の全生物を養っているのだから。


 元グリーンピースのパトリック・ムーア博士の米国上院公聴会証言
 
いまの地球は生命史上、異常に寒い時期ですから、少しくらい温暖になるのは、ヒトにもほかの生物にも、害どころか大きな恵みでしょう。・・・暖かくなるのは、寒くなるよりずっといいことです。

 EPA長官賞の地質学者レイトン・スチュワード
 
CO2は熱をとらえる温室効果ガスですが、濃くなるほどに効きかたは弱まります。
 CO2を減らしても気温はほとんど下がりません。大気にCO2が増えれば食物の成長が速まり、作物も樹木も森林も増える。だから、昨今、地球はどんどん緑化が進みました。食物の養分が大気に増えるからですね。


 アリゾナ大学の、気候学者ベン・ハーマン
 
脅威派は南極大陸のうち南極半島だけに目を注ぐ。南極大陸全体の5%しか占めない南極半島は、たしかに気温が少し上がっている。しかし、残る95%の気温は横ばいか低下中なのだ。

 もういいだろう、きりがない。最後に前出のパトリック・ムーア博士の洞察を添えておこう。
 
環境保護のポーズを有権者に見せたい政治家や、寄付金を集めて世界のエネルギー政策を仕切りたい環境団体、警告好きのメディア、大きな研究費がほしい大学と研究者―そんなエリート集団の波長が合って、大きな流れをつくったんです。最近の研究者は、何か気候変動に引っかけたことを言わない限り、研究費を稼ぎにくくなっていますね。
 以上、〔1〕参照



 参考書籍等
 〔1〕マーク・モラノ著 渡辺正訳 「地球温暖化」の不都合な真実 2020.1.31発行 ㈱日本評論社



ナビゲーション