本文へスキップ
当該サイトの情報は運営者の主観に基づくものです。      

TEL. 089-933-3140

〒790-0038 松山市和泉北4-1-22

税理士・社会保険労務士
青山税理士事務所
 

未来につながりますように

                                                                          
スマホではトップページのCONTENTSは開かないようです。
各記事のCONTENTSをご利用ください。
                                                                 
令和4年8月1日
お知らせ
 当サイトは、原則として原稿を土曜日に作成し、当日又は翌週以降にアップロードしてきました。諸般の事情により、令和4年7月4日以降更新を停止しています。当分の間、更新しない状態でサイトを維持しますが、適切な時期に当サイトは閉鎖します。不定期ではありましたが、多くの皆様に利用していただきありがとうございました。皆様とともに、「ひのもと」の弥栄を衷心より祈っています。                
令和4年7月4日
ロシアは悪い国か-2
ケネス・ウォルツがいうように、国際システムの場合は国内政治のような意味での政府は存在しない。国家は、最低限生き残ることを確実にするという自助を基本的な行動原理とする。とはいえ、全ての国の能力の配置に関らず、大国の配置によって国際政治は動く。
令和4年6月11日
鰐の口
プリンストン大学のクリストファー・シムズ教授は、金融政策が効かない理由を「物価水準の財政理論」で説明している。
 金融緩和は有効であるが、より強い効果を出すためには「財政拡大」と組み合わす必要を主張する。財政拡大とは減税及び公共投資等だが、日本は消費税増税と緊縮財政という真逆の政策を実施している。
令和4年5月28日
アメリカはいかにして日本を追い詰めたのか(6-6)
トゥキディデスは、古代アテネが国家防衛のモチベーションにしたのは「恐怖、誇り、国益」の三つだといったが、現代の国際政治では「軍事力、国益」の二つである。戦後の日本では「軍事力」すら忌避されるが、戦前の日本では「軍事力、国益」に「誇り」が加わる。それが、私たちの国の歴史である。
令和4年4月23日
ロシアは悪い国か
昨今喧伝されている「地球温暖化論争」(左派に多いと思うが)の視点に立てば、石油・天然ガスの輸出を国力の基盤とするロシアは地球温暖化を推進する悪い国であり、ロシアを潰すことに正当性があるということだろう。
令和4年4月2日
ルーズベルトの開戦責任(6-5)
1945.2.4から2.11にかけて、黒海を望むヤルタ近郊にあるリヴァディア宮殿でソ連の参戦と国際連合の設立が協議され、戦後体制が確立した。超大国の勢力圏が決まり、ヤルタ体制の下で、敗戦国の日本では軍国主義悪玉論が敷衍し、観念的平和論が席巻していく。
令和4年3月19日
裏口からの参戦(6-4)
リットン調査団も共産主義の拡散を懸念するようになっていた。1931年秋には、福建、江西及び広東の一部はソビエト化していた。日本はリットン調査団に、共産主義の危険性と中国政府の統制力の欠如を訴えた。
令和4年3月4日
温暖化はイデオロギー?
「ヒートアイランド現象」は構造物や廃熱を要因とする都市化による地域的な温暖化だが、「地球温暖化」は二酸化炭素等の温室効果ガスによる地球規模の温暖化である。
和4年2月5日
裏切られた自由(6-3)
1930年後のアメリカは、ニューディール政策によってリベラリズムが変質していった。集産主義的になり、強制と政治権力の集中が促進されていった。ニューディール型リベラリズムの台頭である。
令和4年1月22日
日米戦争はなぜ起きたのか(6-2)
当時の主役の一人スティムソン陸軍長官の一九四一年十一月二十五日の自身の日記には以下のように記している。
問題は、いかにしてわが国に甚大な危険を招くことなく、日本が最初に発砲するような状況に導くかということだった。
令和4年1月4日
あり得ないことが起きる時代(6-1)
新型コロナウィルスの蔓延によって、マスクが不足し、一方中国はマスク外交により圧力をかけた。これこそが正に「超限戦」であろう。
                       2022.copyright©zei aoyama  all rights reserved.