本文へスキップ
中小企業の皆様と共に歩みます      

TEL. 089-933-3140

〒790-0038 松山市和泉北4-1-22

税理士・社会保険労務士
青山税理士事務所
  

平成27年3月 経済情勢概観

資料

 3月30日発表の鉱工業指数(平成22年=100)は、生産、出荷がいずれも前月比3.4%のマイナス、在庫が0.5%のプラスでした。生産と出荷が減少し、生産>出荷のため在庫が増加したという芳しくない結果です。
 一方、日銀短観(H27/3月調査)・業況判断は次のとおりとなっています。

 業況判断
 
  大企業   資本金10億円以上
  中堅企業  資本金1億円以上10億円未満
  中小企業  資本金2千万円以上1億円未満

 業況判断DIは、「①-良い」、「②-さほど良くない」、「③-悪い」の三つの選択肢から一つを選択してもらい、①と③の構成比から導かれる景気判断指数です。
 例えばその結果が、①30%、②60%、③10%であれば、①-③=20%ポイントとなります。
 ただし、企業規模によるウェイト付けがないため、一社一票という単純な指数であることを念頭におかなければなりません。因みに短観は、需給・在庫・価格判断、売上・収益計画、経常利益等のDIがあります。

 雇用人員判断

  

 G-1(H9年とH26年:対前年同期比の対比)
 

 G-2 (四半期ベースの実質賃金推移)
 


 G-3(エネルギー関連の価格下落による下方圧力分が含まれています) 
 
 消費者物価指数・総合




ナビゲーション