本文へスキップ
中小企業の皆様と共に歩みます      

TEL. 089-933-3140

〒790-0038 松山市和泉北4-1-22

税理士・社会保険労務士
青山税理士事務所
  

武漢肺炎ショックの片側で

二階ショックという平和ボケ

 【世界同時株安】日本を襲うWショック:日経平均はどうなる?史上最悪のオリンピックになる危険性…消費増税/武漢肺炎ショック/二階ショック
 https://twitter.com/GemkiFujii/status/1233404503065391104
 藤井厳喜氏は、媚中、親中派が、日本の手足を縛り窮地に追い込んでいる現状を「二階ショック」といったが、二階ショックならぬ、二回ショック(消費税増税、武漢肺炎)で日本は窮地に追い込まれている。
 オリンピックの中止、延期、或いは史上最悪のオリンピックになると、三回ショックになってしまう。
 ※「武漢肺炎ショック」の正式名称は、規定により固有名詞を避けて普通名詞で命名され「COVID-19」である。本稿では参考にしたソースから便宜的に「武漢肺炎ショック」という。

 与党の権力者が、自国を蔑ろにして他国に阿るというお粗末さでは、国の防衛が俎上に上がるはずもない。「緊急事態」は軍事マターであるが、平和ボケ日本ではそのことすら想定されていない。野党に至っては、腐敗、堕落、劣化、稚拙等で表現出来ないくらい惨いものである。
 武漢肺炎ショックに連動する二階ショックこそ、平和ボケの証だろう。

 企業も、サプライチェーンの見直しを強いられる。それとも、「こんなことは度々あるはずもなかろう」と、チャイナ詣でを続けるのだろうか。

 
1990年代後半にアップルに入社したティム・クック最高経営責任者(CEO)は、同社のサプライチェーンを効率的な巨大システムに変化させ、長年にわたり業界の羨望の的になった。製品は中国の低コストながらも熟練した労働力を利用して製造され、数日で世界中に出荷される。
 クロス・リサーチのアナリスト、シャノン・クロス氏は、「アイフォーンの供給不足が中国以外でも生じ始めると予想され、ガイダンスに影響するだろう」と指摘。「アップルの中国でのサプライチェーンは極めて綿密で大規模であるため、それを域外で再現することは難しい」との見方を示した。

 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-19/Q5X10PT0AFB601

 新型肺炎で国内工場に生産停止リスク、中国の部品供給網の課題が浮き彫りに
 https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nmc/18/00012/00116/ 

 「武漢肺炎ショック」のなかで、トランプ大統領とモディ首相が5回目の会談をしている。グーグル先生に助けてもらって、モディ首相の発言を読むと、「平和ボケ」日本の異様さが際立ってくる。
 国の在り方について、それぞれが真剣に考えるときに来ているのではなかろうか。

 共同声明におけるトランプ大統領とインドのモディ首相の発言
 
https://www.whitehouse.gov
/briefings-statements/remarks-president-trump-prime-minister-modi-india-joint-press-statement-2/


Hyderabad House
New Delhi, India
1:23 P.M. IST

PRIME MINISTER MODI: My friend and President of the United States, Donald Trump; respected members of the American delegation; ladies and gentlemen, good afternoon. Once again, a very warm welcome to President Trump and his delegation in India. I am especially really happy that he has brought his family with him on this visit.

In the last eight months, this is the fifth meeting between President Trump and myself. Yesterday, the unprecedented and historic welcome for President Trump yesterday in Motera will always be remembered. Yesterday, it became clear once again that the relations between the United States and India are not just limited to the relations between two governments; they are people-driven and they are people-centric.

This relationship is the most important partnership of the 21st century. And therefore, today, President Trump and I have taken a decision to raise our partnership to the level of a comprehensive global strategic partnership. President Trump’s contribution in raising our relations to this level have been invaluable.

Friends, during our discussions today, we had a productive exchange on every important aspect of our partnership, whether it is defense and security, our strategic energy partnership, technology cooperation, global connectivity, trade relations, or people-to-people ties.

The increasing defense and security cooperation between India and the United States is a very important aspect of our strategic partnership. Cooperation in ultra-modern defense equipment and platforms will enhance India’s defense capabilities. Our defense manufacturers are becoming a part of each other’s supply chains.

Indian forces are today doing the maximum training exercises with U.S. forces. In the last few years, there has been an unprecedented increase in interoperability between our armies, friends. In the same way, we are also increasing our cooperation in the area of homeland security and in fighting international crime.

Today, the decision taken on homeland security will further strengthen this cooperation. We have also taken a decision today to further increase our efforts in order to hold supporters of terrorism responsible.

 以下省略

 私(モディ首相)とトランプ大統領は、過去8ヵ月で5回目の会談をすることになりました。そして、両国関係は21世紀の最も重要なパートナーシップであり、今日、トランプ大統領と私は、包括的なグローバル戦略パートナーシップに引き上げることを決定しました。

 我々の関係をこのレベルまで高める上で、トランプ大統領の貢献はとても重要です。今日の協議を通じて、我々は防衛とセキュリティ、戦略的エネルギー・パートナーシップ、技術協力、グローバルな接続性、貿易関係、人的な結びつき等について生産的な意見交換をしました。

 インドとアメリカの防衛とセキュリティの強化は、戦略的パートナーシップの重要な側面です。超近代的な防衛機器とプラットホームの協力は、インドの防衛力を高めるでしょう。インドの防衛産業は、互いのサプライチェーンになっています。

 インド軍は米軍と共に、最大限の軍事訓練を行っています。過去数年間で、我々の軍隊と友人間では、前例がないほど協調関係は増加しました。同じように、我々は国土の安全と国際的な犯罪との戦いについても協力を強化していきます。

 今日、国土の安全について下された決定は、この協力関係を強化するでしょう。テロ支援者に責任を強化させる決定もしました。


ナビゲーション