本文へスキップ
中小企業の皆様と共に歩みます      

TEL. 089-933-3140

〒790-0038 松山市和泉北4-1-22

税理士・社会保険労務士
青山税理士事務所
  

アーカイブ

平成28年分

2016年12月20日
大東亜戦争とスターリンの謀略
2016年12月3日
「瓶の蓋」再び?
2016年11月12日
反グローバリズム
2016年11月4日
民族のアイデンティティー
2016年10月22日
焚書という非道
2016年10月15日
国際経済の政治的トリレンマ
2016年10月8日
終わりの始まりなのか
2016年10月1日
蝕まれる国家-2
2016年9月16日
シロアリに蝕まれる国家
2016年9月10日
忘却された「断弦の時」
2016年8月27日
女性天皇というまやかし
2016年8月13日
敗戦と日本人
2016年8月6日
歴史を奪われた民族は滅びる
2016年7月6日
戦略思考・実用主義
2016年7月1日
情報戦争 マスメディア対策
2016年6月18日
世紀の遺書
2016年6月4日
根腐れ
2016年5月5日
平成28.5.2愛媛新聞社説について
2016年5月2日
尾崎秀實・敗戦革命へのプロパガンダ
2016年4月26日
タケノコ掘り
2016年4月23日
H28/3期 業務報告書資料
2016年4月7日
日本と支那大陸の概観
2016年3月22日
マイナス金利
2016年3月21日
皇室制度について
2016年3月10日
これでいいのか、「TPP協定」
2016年2月4日
第二、第三の尾崎秀實
2016年1月8日
日韓慰安婦合意について
2016年1月6日
検閲と焚書

平成27年以前分一部のみ リニューアルのため旧ファイル削除 

2015年11月7日
いわゆる「進歩的文化人」
2015年10月31日
「ストーリー」に打ち勝つ
2015年9月15日
「上からの演繹」による歴史解釈
2015年8月15日
平成二十七年八月十五日

閉ざされた言語空間

自縄自縛 

 かつて、江藤淳は「閉ざされた言語空間」をつぎのように暗喩した。
 
この言語空間の仕組みは、アメリカ側から見れば、すべてお見通しの、素通しのガラス張りになっている。そして、日本は、常に潜在的「脅威」として位置づけられている。しかし、日本側から見ると、それはあたかも「日本国憲法」で裏打ちされた鏡張りのような構造になっていて、外の世界を律している葛藤の構図も実態も見えず、いつも”平和”と”民主主義”という記号をおしいただいている自分自身の姿しか見えないという仕組みになっている。
 江藤淳「日米戦争は終わっていない」文藝春秋 1987年

叡知

進歩主義とは

 伝統としての秩序は現在世代が過去世代から継承した「相続財産」であり、それゆえ自由はその財産の「一時的使用」である。一時的というよりも限定つきというほうがよいかもしれない。なぜなら、その財産は未来世代へ遺産として残してやらなければならないからだ。進歩主義とは、このせっかくの資産を食いつぶすというよりもむしろ負債とみなし、できるだけ速くできるだけ大きくそれを破壊したり投棄したりすることに喜びを感じる精神の病のことだといって過言ではない。
  西部邁「思想の英雄たち」角川春樹事務所




  

ナビゲーション